TOPへ戻る

義歯

『入れ歯が合わなくて痛い』という患者様へ

義歯(入れ歯)治療とは?

歯を失ってしまった部位の歯本来の機能を取り戻す治療法の1つです。

一般的に取り外しできるタイプのものが採用され、「総義歯」「部分義歯」に大きく分かれます。
また、義歯には「保険診療」「自由診療」があります。

部分義歯(保険診療)

部分入れ歯(保険診療)保険診療の部分義歯は使用できる素材や形に制限があり、金属のバネが見えてしまうなど審美面に欠けています。
バネをかけるので健康な歯に負担がかかってしまいます。

総義歯(保険診療)

総入れ歯(保険診療)

使用できる素材や形、特徴などは部分義歯と違いがありません。
すべてが合成樹脂で作られているので、分厚くなり違和感があります。
また、耐久性に劣り長期使用すると劣化してしまいます。

金属床(自由診療)

金属床(自由診療)歯茎に当たる部分を金属で作った義歯で、薄く加工できる金属製の素材が使用されます。使用する金属はさまざまで、ゴールドチタンやコバルトなどが代表的です。合成樹脂よりも薄く作ることができるため、装着時のフィット感がよく見た目も自然です。熱も伝わりやすいので食べ物をおいしく食べることができます。また強度も高く、長期間お使いいただけます。

目立たない入れ歯・スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーとは、アメリカで誕生した金属のバネを一切使用しない入れ歯です。
アメリカで50年以上使用され、イギリスを始めとした30カ国に普及しています。

特徴

・バネが見えないため見た目が美しい
・バネを使用しないので健康な歯に負担がかかりづらい
・薄くて軽いので装着時の違和感が少ない
・金属アレルギーを引き起こさない
・従来の入れ歯よりグラつかず、会話に支障がない
・歯茎にフィットするため食べ物が挟まらない