TOPへ戻る

小児矯正

小児矯正

当院の小児矯正の特徴

1.お子様のストレスを減らす

ブラケットの装着期間を短くし、患者様に最適な時期にのみ装置をつけて頂くご提案をしております。

2.成人での治療が最終目的

大人の歯で安定した咬み合わせを作る事が最終的な目標となるため、大人の歯の抜歯を早期に行う治療はオススメしていません。

また、成人治療で抜歯治療を避けられるように、成長期の時期から問題となる習慣を取り除く準備を開始することをオススメしております。

 

患者様のニーズに合わせた幅広い選択肢

1.Myobraceを使用

現状よりも良くする為の治療計画

審美的に優れた装置で解決する為の治療計画

ブラケットなどに比べると治療期間はかかりますが、費用が安く、痛みも少なく治療を進めることが可能です。

2. ブラケットを使用

良い咬みあわせにする為の治療計画

仕上げでの選択肢を広げる為の治療計画

Myobraceに比べると治療期間は段違いに短縮できます。透明な装置ですが、表側につきコストがかかります。
審美を求める場合は、大人での裏側矯正あるいはマウスピース矯正をオススメしています。

親御様・お子様に合った治療法のご提案をさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

 

当院で使用している主な矯正装置

2×4装置(ブラケット)

特徴 個々の歯に装置をつけて配列する
この時期は前歯と奥歯につけることが多い
メリット 治療期間が早く、予測が立てやすい
デメリット カリエスリスクなどのリスクがかかる
治療期間 1年

 

舌側弧線装置

特徴 歯の萌出途中での部分的な問題を解決する
メリット 審美的に問題なく、歯への影響が少ない
デメリット 細かい歯のコントロールには不向き
治療期間 数ヶ月

 

Myobrace

特徴 口腔周囲筋の調和を取ることで本来の顎の成長を促す
メリット 固定式装置を使わない
デメリット 結果が使用頻度に依存する
治療期間 数年

 

ヘッドギア

特徴 奥歯の後方移動及び上顎の成長抑制
メリット 奥歯の位置関係の改善が期待できる
デメリット 結果が使用頻度に依存する
治療期間 1年〜2年

 

上顎前方牽引装置

特徴 前歯反対咬合の改善及び上顎の成長促進
メリット 前歯の反対咬合の改善ができる
デメリット 結果が使用頻度に依存する
治療期間 1年〜2年

 

リンガルアーチ

特徴 奥歯の前方移動を抑制する
メリット 横の歯の萌出スペースを確保できる
デメリット 経過観察が必要
治療期間 数年

 

ナンスのホールディングアーチ

特徴 奥歯の前方移動を抑制する
メリット 横の歯の萌出スペースを確保できる
デメリット 経過観察が必要
治療期間 数年

 

小児矯正の症例

上顎前突(出っ歯)の症例

症例1(治療期間:1年)

 

叢生(乱ぐい歯、凸凹歯)の症例

症例1(治療期間:7ヵ月)

 

反対咬合の症例

症例1(治療期間:1年)