TOPへ戻る

渡部会の矯正治療の特徴

矯正認定医による治療

矯正センター長:山田宰士

学歴
平成14年3月 日本歯科大学歯学部卒業(歯科医師免許取得)
平成15年4月 東北大学大学院歯学研究科入学(歯科矯正学)
平成19年3月 同大学院修了(歯学博士)
職歴
平成14年4月 本歯科大学歯学部付属病院 臨床研修
平成19年4月 医療法人 渡部会 一箕歯科医院 勤務
所属学会

日本矯正歯科学会等

治療方針および治療内容に誤りが無いように万全の体制を整えています。
矯正のみでなく、審美・発音・かみ合わせ・顎関節等の問題も検討しながら治療しています。
経験豊富な担当医が患者様に安心感とスムーズな治療をお約束します。

見た目だけでなく、噛み合わせも重視

矯正治療の多くは見た目を気にされて来院されることが多いと感じます。
そして、矯正治療そのものも見た目を改善する目的ですぐに治療が行われます。
特に子供の歯並びが気になる親はその傾向が強くみられます。

子供の時の矯正治療には大きな問題が2つあります。
一つは個々の成長パターン・量が多様に存在すること、もう一つは本人があまり気にしていないということです。

本人が気にしていないので、親から装置をしっかり使いなさいとか、装置がついて虫歯になりやすいから歯ブラシしなさいと言われ、矯正治療に対するネガティブな感情が生まれます。
その結果、大人になった時に歯を抜いて治療したにも関わらず、矯正治療をしていたということすら分からない咬み合わせのままになっている方も見受けられます。
その方に咬み合わせを治すために矯正治療を進めても、過去の体験から治療に踏み出せません。

子供の時からの治療は、咬み合わせという観点からすると時期が早いのが事実です。
しかし、一般的には、子供の時に治療を開始することが良しという認識が広まっています。
近年の進歩により大人に対する矯正治療のあり方が変化していて、ただ歯を並べるというだけでなく、咬み合わせを作るということまでより確実にできるようになっています。
これまでの以前よりは良くなったからという治療ではなく、生涯自分の歯でしっかり食べていけるような咬み合わせを作ることが矯正治療の最大の意義であります。

SAS(Skeletal Anchorage System)

矯正治療は、歯を移動させ調和のとれたな歯列の状態に並び替えすることです。

歯を移動させるには、移動させる支えが必要です。
通常は、歯を固定源にします。
しかし、難症例は、この方法では治療できません。手術が必要なのですが、このSASは、歯を移動させる支えを歯以外の部分に作ることにより、従来の矯正治療では困難といわれていた歯の移動を可能にした矯正治療法なのです。
インプラント矯正とよばれる内の一つです。その初めてのシステムなのです。

SAS治療について詳しくみる

歯列矯正の治療スケジュール

1. カウンセリング

矯正治療についてのすべてをご相談下さい。わかりやすく説明させていただきます。

2. 精密検査

矯正の治療方法を決めるために、口の中の状態を詳しく調べます。歯型・レントゲン・写真など、矯正医が診断に必要な検査を行います。

3. 診断・治療計画

検査結果のデータを分析し、個々の患者さんに合った最適な治療方針・治療計画を提案します。ご本人およびご家族との話し合いの上で、費用・期間・装置・開始時期(受験や就職など)を考慮して決定していきます。

4. 矯正装置の装着

矯正装置を装着する時間は、1~2時間です。
より治療効果をあげるための装置の説明をさせていただきます。矯正装置の装着の時期は、治療計画により異なります。

5. 調整

治療のための調整は患者さんによって3~4週間に一度。一回の調整には30分~1時間かかります。治療の段階により異なります。また、随時歯磨きの指導をさせていただきます。

6. 治療終了

歯がきれいに並び、よくかめるようになったら矯正装置を外し、後戻りを防止する装置(リテーナー)につけかえます。

7. メンテナンス(保定)

後戻り防ぎ、矯正治療の結果を維持します。

歯列矯正の費

平均費用 70~80万円+α(治療方法により費用が異なります)

歯列矯正の注意事項

受診は早めにご相談ください。
指定された日、または準じた日に定期的に来院してください。
矯正装置の使用方法を守り、ご協力してください。
リテーナーは指定された期間装着してください。
ブラッシングは念入りにしてください。