TOPへ戻る

ザイゴマインプラント(Zygoma implant)とは

通常のインプラントが歯槽骨か顎骨に埋入されるのに対し、ザイゴマインプラントは頬骨(ザイゴマ)に埋めるインプラントです。

また、上顎において、All-on-4インプラントシステムが適応できないほど顎骨が萎縮しているケースに対して頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋入し即日機能させるインプラントシステムです。

ザイゴマインプラントシステムは1998年にブローネマルクが考えたコンセプトにより商品化されましたが、その後、Dr.モイやDr.マロが上顎洞の外側を通す方法などを考案し、現在に至っています。

従来のインプラントは、歯が無い(歯ぐきが痩せている)、もしくは歯があってもぐらぐらで咬めない人に対して、骨に埋めてから3ヶ月~6ヶ月待ち、インプラントが骨と結合してから人工歯をインプラントと固定するという手法をとってきました。

上顎において骨が無い場合はサイナスリフトといって上顎洞の中に人工骨を入れ、6ヶ月してからインプラントを埋め、さらに6ヶ月待つという、最初の手術から1年以上経過してから初めて歯が入るという、長い道のりでした。

All-on-4を行うようになって、90%の患者様はサイナスリフトを行わなくてもインプラント手術をした当日に固定式の歯を装着することが可能になりましたが、前歯部の骨が少ない10%の患者様は6ヶ月以上待つ必要がありました。

ザイゴマインプラントは頬骨にインプラントを埋入することによって、全ての患者様に対して、手術をした当日に固定した歯を装着できるようになりました。

ザイゴマインプラントの具体的症例

症例1
上顎無歯顎で骨が不足した症例のインプラント治療
症例2
下顎インプラント失敗のリカバリーと上顎Fullインプラント治療

 

当会の治療実績

Year Cases Male Female Implants Removal
2002 4 3 1 7  
2003 3 1 2 6 1
2004 7 4 3 13  
2005 8 4 4 14  
2006 8 4 4 15  
2007 4 1 3 7  
2008 5 1 4 9  
2009 3 1 2 6  
2010 3 1 2 6 1
2011 1 1 0 2  
2012 1 1 0 2 1
2013 3 1 2 4 1
2014 2 2 0 4  
Total 52 25 27 95 3

 

世界の治療実績

通常の成功率 Zygoma implant delayed-loading success rate
Authors Year Follow-up(m) Number Success(%)
Bedrossian 2002 34 44 100
Nakai 2003 6 15 100
Brånemark 2003 60〜120 132 97
Malevez 2004 48 103 100
Hirsch 2004 12 124 97.5
Becktor 2005 9〜69 31 90.3
Francischone 2005 〜60 140 98
Sato 2005 60〜120 37 100
Watanabe 2008.10 6〜75 65 98.5

Mozzati et al. Int J oral maxillofac Implant 2008;23:308 + Our data

即時加重の成功率 Zygoma implant Immediate-loading success rate

 

Author Year Follow-up (m) Number Success (%)
Olsson 2003 10 61 93.4
Fisher 2004 10 95 100
Malo 2005 6〜12 128 97.6
Chow 2006 10 20 100
Mozatti 2008 24 14 100
Watanabe 2009 (?)

Mozzati et al. Int J oral maxillofac Implant 2008;23:308 + Our data