TOPへ戻る

インプラントとは?

歯を失って悩んでいませんか?

虫歯や事故など、様々な要因により、人は歯を失います。

1本だけ失う場合もありますし、並んだ何本かを失う場合もあります。また上顎や、下顎の全部の歯がなくなってしまうこともあります。

失った歯が1~2本の場合、隣り合った健康な歯を支えとする「ブリッジ」や「差し歯」などの義歯が適用される事が多く、全部の歯がなくなった場合には、歯ぐきに吸着させるタイプの総入れ歯を作るのが一般的な解決法として普及しています。

しかし、ブリッジや差し歯の場合、下記のようなトラブルを耳にする事があります。

まわりの歯と義歯の違いが目立ち、人前で口を開くことができない
金属製のブリッジや支えのバネに食べ物が挟まるため、好きな物を食べることができない
義歯が合わなくなり、何度も作り直している
食事中や話している最中、またスポーツなどで体を動かしている時に、義歯が動いたり外れそうになったりして気になる……など。

また、総入れ歯で、満足できる入れ歯がなかなか手に入らない場合、トラブルはより深刻になります。

言葉をうまく発音できず、人前に出たり、話をするのが億劫になる
食事の時に入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込む
噛む力を充分かけることができず、固い物が食べられない
食事の後、入れ歯を外して洗ったりするため、外出や旅行が気軽にできない
口臭がひどいのではないかと不安で、人に会うことが出来ない……など。

このような問題を抱える患者さんの為に研究・開発されてきたのがインプラント(人工歯根)による治療法です。

インプラント(人工歯根)による治療

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。
歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。

歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯を被せます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。
奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

噛むという行為は、想像以上に強いを、歯とあごにかけています。(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われます)。

ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。
削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。
また、残っている歯根が移動してしまう為、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工歯根)治療法です。
この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。

インプラントはこのような方々にお薦め致します

歯が欠損している方
歯が欠損していることにコンプレックスを感じられている方、それを気にして笑う時に口元を手で隠される方。
部分入れ歯が合わない方
部分入れ歯を入れたくない方。せっかく部分入れ歯を作ったのにかめない、痛い等の不満を持たれている方。
口元を若くキレイに保ちたい方
部分入れ歯だと笑った時に針金が見えてしまい、見た目が気になる方。
虫歯でない歯を削りたくない方
かぶせものをする時に健康な歯を削りたくない方。
入れ歯だと味を感じない・歯ごたえがないことに不満の方
味・歯ごたえがないし、硬いものも食べられない。スルメ・大根・たくわんを美味しくもう一度食べてみたい方。

インプラントをするとこのような効果があります

よく噛めるようになる

歯が揃う事でよく噛めるようになり、きちんと食事がとれるようになります。よく「噛める」という事は健康を維持するために欠かせない事です。

自信が回復する

自分の歯を取り戻すことで、コンプレックスなどが解消されます。また、見た目も良くなることで、より一層自信を回復することができます。

舌の感覚が全く違う

入れ歯の不快感がなくなり、自分の歯と歯ぐきの感覚を舌で味わうことができます。

入れ歯のように手入れをする必要が無い

朝起きてから洗面所に行って、入れ歯をはめる必要性がありません。面倒くさかったお手入れもありません。

意欲がわいてくる

インプラント治療をした全ての人において、それまで失いかけていた人生に対する意欲が涌いてきます。噛む力と意欲には相関関係があるようです。