TOPへ戻る

レーザーシンタリング

こんにちは。
先日医局旅行で横浜の国際デンタルショーをみてきました。その際気になったブースがありました。
レーザーシンタリングという技術なのですが、これはレーザーを使ってコバルトクロム粉末を瞬間的に焼結させ、3Dデータから金属の補綴物を作製するというものです。
最近はCAD CAMという機械を使って削り出しで補綴物を作製するのが流行りでしたが、3Dプリンターを使ってだと材料の無駄が少ないので環境にやさしいのが特徴なんだと思います。これからどんどん技術革新するのが楽しみです。
今日はこの秋一番の冷え込みです。
風邪を引かないように気をつけましょう。

藤澤

一箕歯科|

日付:   カテゴリ:一箕歯科医院